肉の手帖

手作りハンバーグも市販の生ハンバーグも、ソースを変えるだけでグレードアップした一皿に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハンバーグのソースアレンジ完成サンプル

子どもも大人も大好きなハンバーグ。それぞれの家庭にオリジナルの味があるだけでなく、時間のない時などに簡単に調理できる市販品の生ハンバーグも人気があります。

そんなハンバーグのアレンジといえば、溶けるチーズをのせたり、目玉焼きを添えたり、和風におろし醤油でというのが定番ですが、ひと手間かけて簡単な自家製ソースを作るとハンバーグのおいしさがぐっとひきたちます。

牛肉の旨みを存分に味わうために作りたいハンバーグソースをご紹介しましょう。

ソースを作っている間、ハンバーグを保温するのがおいしさのコツ

ハンバーグを焼くこととソース作りは並行して行い、同時に仕上がるのが理想ですが、家庭では時差ができることも多々。その場合は必ずハンバーグをしっかり保温しましょう。

ハンバーグの保温の仕方

焼き上がったハンバーグは、ソースが完成するまでアルミホイルで2重に包んで保温します。ホイル包みしたハンバーグはガスレンジの近くなど温かい場所に置きますが、寒い時期などはホイルに包んだまま100度以下の温度に設定したオーブンやオーブントースターの中で保温するのもよいでしょう。

ハンバーグの肉汁を逃さない保温の仕方

ハンバーグは焼き上げて皿にとっただけでは肉汁が流れ出してしまうことがありますが、アルミホイルで包んでおけば余熱で肉汁がハンバーグの中に戻りやすく、ジューシーに仕上がります。

アルミホイルを開いた時にでている肉汁には旨みがたっぷり含まれているのでソースに加えてください。

おなじみの「とんかつソース+ケチャップ」ソースをよりおいしく

ケチャップによるソースアレンジの完成サンプル

ハンバーグを焼いた後のフライパンにとんかつソース(中濃ソース)とケチャップを加えて煮詰め、ソースにするという方は多いと思います。簡単にできておいしいハンバーグソースですが、いくつかのコツを知っていればより味わいが深まります。

ケチャップのソースアレンジの材料

香りを豊かにするコツ

・ハンバーグを焼き上げたらブランデーをかけて熱し、火をつけてアルコール分を飛ばして肉に香りをつけておくと、このソースに良く合う。
・とんかつソース、ケチャップを煮詰める時に赤ワインも加える。

コクと艶をだすコツ

・とんかつソースとケチャップを煮詰めたら、仕上げにバターを加えてよく混ぜる。

ケチャップとソースを混ぜて煮詰める

煮詰めたソースにバターを入れる

和風ハンバーグはおろしポン酢だけじゃない。味噌ソースもぜひ!

和風ソースアレンジのハンバーグ完成例

和風ハンバーグというと醤油味の照り焼き風や、大根おろしを添えたものが一般的ですが、味噌を使ったソースもおすすめです。

赤味噌、合わせ味噌のほか、麹が多い甘めの白みそを使ってもおいしくできます。赤味噌系の場合は、みりんやはちみつを加えて少し甘めに仕上げると肉の旨みがひきたちます。大人向けなら、粉山椒や木の芽を使うとよいアクセントになるでしょう。

味噌を使ったアレンジソースの材料

味噌ソースの作り方

材料:好みの味噌、みりん(なければ砂糖やはちみつでも)
使う味噌の塩味によってみりんの量は変わるので、味をみて調整を。

1)ハンバーグを焼いたあとのフライパン(少々油が多くても大丈夫)に好みの味噌をいれて油となじませながら焦がさないように炒める。

味噌を油で炒める

2)味噌に火が通り艶がでてきたら、みりんを少しずつ加えて溶きのばすように炒め、味を整える。水分が少ないようなら水を加えて適度な濃度のソース状に仕上げる。火からおろした後、好みで山椒や唐辛子など加えて混ぜる。
*写真ではもろみ味噌を使っているので粒が残っています。

唐辛子や山椒を入れて味を整える

レストランみたいなきのこソースハンバーグも実は簡単

きのこの旨みと香りが凝縮したソースはハンバーグの味わいにぴったり。ちょっとしたおもてなしにも使えるので作り方を覚えておくと便利です。

きのこを使ったアレンジソースの完成例

きのこソースの作り方

材料:好みのきのこを好きなだけ、生クリーム、バター、塩・コショウ、醤油
※あればメープルシロップかカラメルソース

使用するきのこの例

1)フライパンを熱して少量のバター(きのこから水分がでるのでバターは少しでok)を溶かし、適当に切ったきのこを炒めて塩、コショウでやや濃いめに味をつけておく。

きのこを炒める

2)生クリームを加えてきのこになじませながら煮込む。ハンバーグからでた肉汁があればこの時に加える。

炒めたきのこに生クリームを入れて煮込む

3)生クリームが煮立ってとろみがついてきたら、鍋肌から少量の醤油を加えて香りをつけ、味を調えて仕上げる。メープルシロップやカラメルシロップがある場合は、醤油を加えた後に少量ずつ加えてよく混ぜ、味を調える。
※シロップを加えるとレストラン風の味わいになります。

きのこを使ったアレンジソースの完成例

肉感豊かなハンバーグにはにんにくを効かしたソースも相性よし

ステーキでは定番のガーリックソースですが、ハンバーグにもよく合います。特に牛肉主体のハンバーグでは肉のうまみがひきたつのでおすすめです。

にんにくを使ったアレンジソースのハンバーグ例

がっつり楽しむにんにくゴロゴロハンバーグ

ハンバーグを焼く時、やや油を多めにしてにんにくを一緒に焼くと、油に溶けたにんにくの風味がハンバーグに移って味わいが深まります。
にんにくを丸ごと使う時は、ハンバーグが焼き上がる時に、にんにくも中までホクホクになるよう、電子レンジにかけるなどしてあらかじめある程度火を通しておくとよいでしょう。

ハンバーグとにんにくを一緒に焼く

おしゃれに味わうガーリックソースハンバーグ

市販のハンバーグを使っておしゃれなアレンジを楽しむなら、流行の「にんにくジャム」をソース風に使うのもおすすめです。

ハンバーグに合うにんにくジャムの作り方 材料(目安となる分量)

にんにく 50g
たまねぎ 200g
砂糖 大さじ1〜2
大さじ1〜2
醤油 小さじ1
大さじ2
レモン汁 大さじ1

にんにくジャムを使ったソースアレンジの材料

1)にんにくは1片ずつにバラして皮をむく。たまねぎは皮をむいて乱切りにする。
2)にんにくとたまねぎ、水を耐熱ガラスなどの容器に入れ、ふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱する(500wで10分程度)
3)フードプロセッサーに2)と砂糖、塩、醤油、レモン汁をいれてピュレ状にすりつぶす。
(調味料は最初にそれぞれの最低量を入れてすりつぶしてから好みで甘みや塩味を加えていくと良い)
4)よく混ぜて、味の調整をした後、もう一度レンジで5分加熱する。

にんにくジャムを使ったソースアレンジハンバーグの完成例

*****

ソースを変えるだけでいつものハンバーグが新鮮な味わいに。

せっかくの手作りを「またハンバーグ?」なんてもう言わせません。そしてオリジナルのソースを添えれば市販のハンバーグもとっておきの一品に簡単に変身。

王道のおかず・ハンバーグだからこそ、時にはひと手間かけて楽しんでみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ一覧
読まれているテーマ
  1. 牛トレーサビリティ
  2. 牛の個体識別情報検索サービス
  3. 個体識別番号
  4. BSE
  5. 家畜改良センター
  6. 耳標
  7. ハンバーグ
  8. ハンバーグレシピ
  9. 黒毛和種
  10. 肉骨粉